2013年度

2013年Publication

  1. Iwashita Y, Kamijo Y, Nakahashi S, Shindo A, Yokoyama K, Yamamoto A, Omori Y, Ishikura K, Fujioka M, Hatada T, Takeda T, Maruyama K, Imai H: Food Poisoning Associated with Kudoa Septempunctata. J Emerg Med. 2013; 44: 943-5.
  2. Iwashita Y. Enokiya T, Suzuki K, Yokoyama K, Yamamoto A, Ishikura K, Okuda M, Imai H: Arbekacin treatment of a patient infected with a Pseudomonas putida producing a metallo- beta-lactamase. Journal of Intensive Care. 2013; 1: 3
  3. Iwashita Y. Suzuki K, Masui A, Kawamoto E, Yokoyama K, Yamamoto A, Omori Y, Ishikura K, Hatada T, Fujioka M, Takeda T, Imai H: A case of strongyloides hyperinfection associated with tuberculosis. Journal of Intensive Care. 2013; 1: 7
  4. Suzuki K, Nakamura A, Enokiya T, Iwashita Y, Tomatsu E, Muraki Y, Kaneko T, Okuda M, Katayama N, Imai H: Septic arthritis subsequent to urosepsis caused by hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae. Intern Med. 2013; 52:1641-5
  5. 岩下義明, 山本章貴, 横山和人, 大森教成, 石倉健, 畑田剛, 藤岡正紀, 武田多一, 今井寛. クリオプレシピテート併用にて止血した多発外傷の1例. 日本外傷学会雑誌. 2013; 27: 37-40
    岩下義明, 金谷透: ICUのない病院における重症患者管理の実態調査 臨床救急医学会雑誌 (2013) 16: 152
  6. 岩下義明, 今井寛: VCV vs PCV. 呼吸器ケア 2013; 11: 124- 30
  7. 岩下義明: 救急外来で使用する緊急薬剤. レジデントノート11月号. 2013;
  8. 岩下義明: EGDTは有効か. 讃井将満 編. 臨床に直結する集中治療のエビデンス. 文光堂. 190-6.
  9. 川本英嗣, 岡本貴行, 今井寛, 島岡要: インテグリンと炎症. Coagulation and Inflammation; 7(2); 2013.
  10. 川本英嗣: 救急事例で学ぶSBAR活用のポイント 意識障害・外傷編. 救急看護・トリアージ 2013; 8・9; 16-22.
  11. 川本英嗣: 未分画ヘパリン、抗凝固療法 FCCSプロバイダーマニュアル 第二版. FCCS運営委員会、JSEPTIC(日本集中治療教育研究会)監修 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2013年10月


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA